以前にもまして、社会で英語力が求められるようになってきました。以前であれば英語が得意なことが就職するうえで武器にもなりましたが、今では英語ができることが当たり前という風潮も一部にはあるように感じます。そういった流れを受けて、最近では学校教育の中でもTOEICが導入されてきています。学校で習う英語といえば文法メインというイメージが強いです。いわゆる「受験英語」とよばれるものです。しかしそういった英語力は実社会ではあまり使えないということは多くの人が感じているところです。一方でTOEICで高スコアをとるために必要な英語力は総合的なスキルとなります。若いうちから生きた英語、またTOEICを意識するような英語を習うことで、実社会に出ても通用するような英語力が身につくのでしょう。日本の英語教育が転換点を迎えているのかもしれません。

TOEICに必要な集中力

一般的に年をとるに従って記憶力や集中力は下がってくると言われます。しかし、若者でも集中力が続かないと悩んでいる人も多いです。TOEICの試験はとても長時間に及びます。始めは誰もが集中できますが、徐々にその集中力は切れてきます。同じような問題が連続していてうんざりするということもあります。英語力に加え、いかに集中力を継続させるかも点数を伸ばすための秘訣と言えるでしょう。例えば、リスニングでは始めはとても短い文章が読み上げられます。徐々に長い文章になってくるため、聞き取れないこともあるでしょう。一問聞き取れなかったために集中力が切れてしまうことさえあります。まだまだ問題は続くのに、気持ちが切り換えられない人もいます。わからない問題があっても潔く諦めて気持ちを切り替え、次の問題に望む準備をすることが大切です。

TOEICを受ける人が増えたわけ

今や社会人として英会話ができて当たり前というような風潮が日本でも見られるようになりました。就職にも有利ということで、英会話を学ぼうとする若い人が増えています。若い人だけでなく、中年の社会人も英会話を学びたいと思っている人が多いです。こどもがいる親たちは自分たちが大人になって苦労したからということで自分たちのこどもたちには同じ苦労を味わわせたくないという気持ちからこどもたちを英会話教室に通わせたりもしています。一昔前は英語のレベルをチェックするテストというと英検がメインでした。英検も英語力を計ることができるのですが、それよりももっと実用的な英語力をチェックするということでTOEICという試験が会社でも導入されるようになりました。リスニングとリーディングなのですが、広告など身近なものを試験に用いているので、英検よりももっと英語力が計れると評判です。そのため最近では学生も社会人もTOEICを受験する人が増えてきているのです。